ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

こつこつマーケティングブログ カテゴリー一覧

  • 企業経営
  • マーケティング
  • Webマーケティング
  • アクセスログ解析
  • SEO
  • Web制作
  • その他

2010年05月18日

~パワー・インタラクティブ流~インターナルマーケティングの実践

普段、我々が口にする「マーケティング」とは、企業が顧客へ行うマーケティング活動を意味しますが、それとは別に、企業が従業員に向けて行うマーケティング活動を「インターナルマーケティング」と呼びます。

商品・サービスがどれだけ素晴らしいものであっても、売り手がその魅力を理解し、消費者へ伝える技術を持たなければ、せっかくの商品・サービスの価値は伝わりません。しかし、その技術を従業員に強制的に押し付けることは難しく、いかに自発的な行動を促すかが重点となります。

昨今、日本の企業は技術力が高いものの、それがビジネスにうまく生かせていないという点が問題視されており、要因のひとつとして技術部門とマーケティング部門の連携が取れていない点が指摘されています。その改善策として、このインターナルマーケティングの重要性が見直されています。

例えば、弊社ではサイトリニューアルなどのプロジェクトを進める際は、マーケッター、ディレクター、デザイナー、プログラマーなど様々な職種のメンバーで意見交換しながら推進するようにしています。そうすると、メンバーそれぞれが必然とマーケッターの視点を持つようになり、どうすればクライアントの課題を解決できるか、また過去の実績から「パワー・インタラクティブならどんなことができるのか」(=自社の強み)ということを考える習慣がついてきます。これは、まさにインターナルマーケティングと言えるのではないでしょうか。

また、このプロジェクト推進プロセスに加えて、社内にマーケッター(マーケティングディレクター)とマーケティングデータアナリストというメンバーがいる点は、Web制作会社や、広告代理店と比較した際に、非常に大きなアドバンテージだと考えています。


まず、マーケッターとマーケティングデータアナリストという分析者がいることで、単に綺麗なサイトを作るのではなく、企業の目的を達成するために、Webで何をすべきかを起点として、マーケティング視点に立った集客施策や、サイト制作を提案し実行することができます。かつ、その視点をデザイナーやプログラマーにもフィードバックでき、メンバー全員のマーケティング力の底上げに繋がります。

また、広告代理店では通常、デザイナーやプログラマーという制作者は外部の人間を使うケースが多いですが、弊社では制作チームを内部に構えることで、マーケッター&ディレクターとクライアント、そして制作チームが密にコミュニケーションをとり、お互いが目的を確認しながらプロジェクトを進めることができるため、納品までのプロセスで大きなブレが発生しにくいという点も大きな強みとなります。

このように、職種の異なるメンバーとのディスカッションはたくさんのメリット生まれます。

1人での考えが行き詰った際には一度、意外なメンバーに相談してみてはいかがでしょうか。思わぬインスピレーションを受けるかもしれません。