ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

こつこつマーケティングブログ

名前の由来

  1. 1. 「 こつこつ 」 更新する
  2. 2. マーケティングの 「 コツ 」 を発信する
  3. 3. 未来のパワー・インタラクティブの 「 」 を作る

この記事にテーマが近い記事

Facebookもチェック

こつこつマーケティングブログ カテゴリー一覧

  • 企業経営
  • マーケティング
  • Webマーケティング
  • アクセスログ解析
  • SEO
  • Web制作
  • その他

2010年04月20日

無意識を意識するユーザービリティー

最近、よく出張で東京に行くのですが、根っからの関西人の私はいつもエスカレーターで右側に立ってしまいます。
その度に「あっ、東京は左側で待つんだ」と思い慌てて左側にいきます。

海外にいったときも道路を渡るときに右側から車が来ないことを確認して、渡ろうとしたら左側から来る車にひかれそうになったことがあります。
このように、人は毎日の習慣から無意識の行動をとってしまうことはよくあることです。

ことWebにおいてもこの人の習慣からの無意識な行動を意識して、サイトを作ることは重要です。

例えば、よく言われるのがボタンのデザインですが、


クリックをしてもらうことが目的のボタンであれば単に四角いボタンを配置するよりもぷっくりさせたボタンの方がボタンだと認識されやすく、


さらに少し影をつけ矢印のような模様をつけた方が、よりボタンらしくなります。

当然ユーザーはいちいちぷっくりしてるからこれはボタンなんだと考えているのではなく、日々生活している中で無意識にボタンだと判断しているのだとおもいます。

それと同様に最近、ユーザーに身についた無意識な感覚で、Webサイト上の動画もあげられるかと思います。

Youtubeなどのストリーミング動画が登場するまでは、Web上で動画を公開するときにはボタンを作り、それを押すとメディアプレイヤーが立ち上がるといったものが当たり前でした。しかしそれだとそのボタン自体をユーザーが見落とすこともあるでしょうし、無意識に動画があるということがわかりません。

しかし、Youtubeやニコニコ動画の人気により、下図のようにサイトに配置することで


ユーザーには動画があるということを無意識に知ってもらうことができるようになりました。

もし、御社のサイトの動画コンテンツがボタンを押してプレイヤーを立ち上げないと見られない作りになっているのであれば、上図のような形に変更することでより、自然とユーザーに動画コンテンツを見てもらえるようになるのではないでしょうか。

新しいサービスがどんどん作られていく中、ユーザーにも新しい無意識が増えていくはずなので、Webサイトを作る上で、人の無意識を意識するということはこれからも非常に重要になってくるものと思います。