ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

こつこつマーケティングブログ カテゴリー一覧

  • 企業経営
  • マーケティング
  • Webマーケティング
  • アクセスログ解析
  • SEO
  • Web制作
  • その他

2009年11月24日

パワーの本棚:『社会とどうかかわるか-公共哲学からのヒント-』

『社会とどうかかわるか-公共哲学からのヒント-』
著 :山脇直司
出版:岩波ジュニア新書
価格:777円


経営をしていて、いつも思うことがあります。

個人と会社は、どうかかわるのが好ましいのだろうかと。

私がコンサルティングの世界に入った当時、その道の大先輩に、プロフェッショナルとは答えのない問いを問い続けられることが出来る人だと教えられました。事業経営者となった今は、経営のプロとして、この問いを問い続けなければならないと、日々感じていました。

そんな矢先に、公共哲学の研究者である山脇直司氏の著書に出会いました。

山脇直司氏のプロフィール

この本は、高校生くらいを対象に書かれた哲学論ですが、難解な思想をとても分かりやすく解説してくれていて、日頃、ビジネス書が中心の私にとっても理解が進みました。

と同時に、「社会」を「会社」と置き換えたときに、目からウロコの落ちる場面に何回も遭遇しました。
「社会」は、一人ひとりの「個人」の生き方に強い影響を及ぼしますが、逆に「個人」間のコミュニケーションやルールづくりによって、「社会」のあり方や方向性は変えられるものなのです。
そもそも、社会は天から降ってくるものではありません。社会は人間がつくったものです。ヨーロッパのことわざにもあるように、明日の天気は、人の力で変えられませんが、明日の社会は人びとの努力しだいで変えられます。
この本を、何度も読み返しました。一行一行が、私にとっては、問題提起をされているように感じました。

氏は、論語についても、言及しています。
論語に出てくる正確な言辞(げんじ)は、「君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず」です。これは、「意見が他の人とちがっている場合、人格が立派な人は、その人と敵対せず、またおもねって同調することもしない。しかし、徳のない人は、表向きは同調しながら、裏では敵対する」という意味です。
同じ古典の春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)の存在もはじめて知りました。
「和」は、いろいろな食材をうまく調和させてスープを作るようなもの、辛(しん)・酸(さん)・甘(かん)・鹹(かん、塩辛い)・苦(く)の五つの味を調えるように、異なるものを混じえて調和させることであるのに対し、「同」は1つの味だけを集めることだと記されています。
言葉の持つ意味はさまざまですが、自分の問題意識と照らし合わせることで、それが1つの道しるべになることを、改めて感じさせてくれた一冊でした。

早速高校生の息子にも、もう一冊買ってプレゼントしておきました。

投稿メンバーのおすすめ本

『社会とどうかかわるか-公共哲学からのヒント-』
著:山脇直司
出版:岩波ジュニア新書
価格:777円