ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

こつこつマーケティングブログ カテゴリー一覧

  • 企業経営
  • マーケティング
  • Webマーケティング
  • アクセスログ解析
  • SEO
  • Web制作
  • その他

2009年10月26日

パワーの本棚:『芸術起業論』

『芸術起業論』
著  :村上 隆
出版:幻冬舎
価格:1,680円


経営者と芸術家の共通点。それは、「感性」。

京セラの辣腕経営者だった、伊藤謙介さんは、郷里岡山にゆかりのある若手芸術家を支援しておられます。その理由は、豊かな文化が育つ土壌がなければ、ベンチャーも盛んにならないというものです。岡山県が主催する「I氏賞」がそれです。

伊藤さんとは、京都で開催される経営勉強会でよくお会いさせていただきます。経営者の偉大なる大先輩として、伊藤さんの誠実で心意気の溢れたお話をお聴きするとつい、くじけがちになる気持ちにスイッチが入ります。お会いできて、つくづく幸せだと感じます。

話は変わりますが、海外で高い評価を得ている芸術家村上隆はルイヴィトンとコラボをしました。これが、最初に村上隆に興味を持ったきっかけです。

とてつもない私の思い込みですが、優れた芸術家は孤高の天才で、マーケットに敏感に反応するブランドビジネスとは決して相容れないと思っていました。だから、大学を卒業してから十年余りブランドビジネスに関わっていた私にとっては、彼がルイヴィトンの仕事をしたことは、とてもショックでした。そして、辿り着いたのが、この彼の著になる『芸術起業論』です。書き出しから、眼から鱗でした。

少し、抜粋してみます。

「なぜ、これまで、日本人アーティストは、片手で数えるほどしか世界で通用しなかったのでしょうか。単純です。欧米の芸術の世界のルールをふまえていなかったからなのです。」

「ぼくは欧米のアーティストと互角に勝負するために、欧米のアートの構造をしつこく分析しました。仮説と検証の連続から芸術制作マネジメントの技術も磨いてきました。」

「勉強や訓練や分析や検証を重ねてゆき、ルールをふまえた他人との競争の中で最高の芸を見せてゆくのが、アーティストという存在なのです。」

もうお気づきでしょうが、ビジネスのルールをふまえるところも、仮説・検証を繰り返すところも、その過程で最高の価値を顧客に社会に提供するのも経営と同じです。ただ彼は、この繰り返しが、並の努力では何も得られない。徹底的に閾値を越えるまで、やり続けることだとも言ってます。全く持って同感です。

彼は、あとがきに、こう述べています。

「私は『美』のために働いていきたい。そして、日本、世界のどこにおいても、美を創造し、その名の下に喜びを分ち合いたい。そのために土壌造りから始めなければならないなら喜んで泥まみれになる。」

経営も美を追求していきたいと思います。そのためならば決して泥まみれになることは厭いません。まさに、『芸術家起業論』から、学び得るものは無尽蔵に大きいと感じています。

投稿メンバーのおすすめ本

『芸術起業論』
著:村上 隆
出版:幻冬舎
価格:1,680円