ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

こつこつマーケティングブログ カテゴリー一覧

  • 企業経営
  • マーケティング
  • Webマーケティング
  • アクセスログ解析
  • SEO
  • Web制作
  • その他

2009年09月30日

心理学から考える広告コピー

『お客をつかむウェブ心理学』
著 :川島 康平
出版:同文館出版
価格:1,500円

大学受験で心理学部を受験し、ことごとく落ちてしまった私にとっては
このタイトルだけで十分買うに値するものでした。

その中でも『シャルパンティエ効果』というのは私が日ごろ行っている
業務の一つでリスティング広告の運用に活かせるものだったのでご紹介
致します。

『シャルパンティエ効果』
"15kgのダンベル"と、"15kgのダンボール"では"15kgのダンボール"の方が軽く感じてしまうといった心理現象のこと。
よく不動産の広告などで目にする「東京ドーム何個分」といったコピーを見て、そんなに広いんだと感じると思いますが、でもよく考えてみると東京ドーム何個分っていわれても東京ドームのグランドの広さなのか敷地の広さなのかも曖昧で、実際の大きさってよくわかりませんよね。

でも「そんなに広いんだ」と思わせてたら『シャルパンティエ効果』として成功だと言えます。

リスティング広告は広告コピーを変えるだけでクリック率が大きく変わります。

多数のwebマーケティング実績



500社のwebマーケティング実績。

では、下の500社と具体的に数値の入ったものの方がより多い実績があるんだと感じませんか?

自社のサービスや強みを数値化して、その規模感を相手に伝える。これが『シャルパンティエ効果』を利用したリスティング広告のコピーの作成のポイントではないでしょうか。

皆様も一度自社の広告コピーが『シャルパンティエ効果』に沿ったものになっているかチェックしてみてください。

投稿メンバーのおすすめ本

『お客をつかむウェブ心理学 』
著:川島 康平
出版:同文館出版
価格:1,500円