ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

こつこつマーケティングブログ カテゴリー一覧

  • 企業経営
  • マーケティング
  • Webマーケティング
  • アクセスログ解析
  • SEO
  • Web制作
  • その他

2007年12月03日

佐藤可士和と千里リハビリテーション病院

佐藤可士和の初の著書、「佐藤可士和の超整理術」を読んだ。

佐藤可士和は、キリン極生、ユニクロ、楽天、NTTDoCoMo、国立新美術館などのクリエイティブ・ディレクションをしたアートディレクタである。

ここで、紹介された、千里リハビリテーション病院のコンセプトに興味を持った。

 千里リハビリテーション病院

コンセプトは、「リハビリテーション・リゾート」。

気持ちのいい空間と真摯なサービスを提供することで、心のリハビリになる。
その心のリハビリが、身体のリハビリを後押しする、というのが、コンセプトのイメージだ。

意外といままであるようで、なかった病院のコンセプトだ。

プロデューサの佐藤可士和だけでなく、このプロジェクトには、ユニフォームデザイナ、アロマプロデューサ、BGMディレクタ、ライブラリーディレクタなどの専門家が参画している。

彼がコメントしている中に、

 「いままで、病院はクリエイティブの力を活かしていない」

 「デザインの力で少しでも、患者さんの痛みや苦しみが和らぐならば、
  それは意味のあることである」

このようなコンセプトの病院がこれから、広がっていくことを期待している。

病院とはこういうものなんだという今までの自分の固定概念に、さわやかなメスが入った気持ちだ。


彼は、著書の中で、整理と問題解決との関係についても言及している。

 「整理と問題解決は、同じベクトルでつながっている」

 「問題解決は、あるべき姿を見つけること」

 「ゼロから答えを出そうと思っても、なかなか見つかるものではない」

 「今もっている情報を整理するだけで、解決のための視点が見つかる」

たかが「整理」、されど「整理」なのだ。

投稿メンバーのおすすめ本

『佐藤可士和の超整理術』
著:佐藤可士和
出版:日本経済新聞出版社
価格:1,575円