サイトマップ

これから始める、ウェブマスターツールをSEOツールとして活用する方法

2013年11月12日(火)

マーケティングデータアナリスト 正木洋介【文責】

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんウェブマスターツールは活用されているでしょうか。
何が出来るのかよくわからない、とりあえず導入したけど何もできていない、という声もよく聞きます。
ウェブマスターツールはGoogleが提供しているサイト管理用のツールですが、SEOにも非常に有効なツールです。
効果検証から対策まで、SEOを幅広く支援してくれる機能が豊富に用意されています。

例えばウェブマスターツールを使うとこんなことができます。

  • (not provided)でわからなくなった流入キーワードがわかる。
  • 検索結果画面の最適化
  • ペナルティ予防・対策ができる。

以上の3点について、1つずつ解説していきます。

(not provided)でわからなくなった流入キーワードがわかる。

Google検索が完全にSSL化され、Googleアナリティクスを見ても検索キーワードでは(not provided)が多くの割合を占めていることかと思います。
来ているキーワードがわからないとユーザーのニーズもわからず、SEOの施策を検討することは困難になります。
そこでウェブマスターツールを使えば、わからなくなった流入キーワードをある程度探ることが出来ます。

131112_01.gif

クリック数を見ると、そのキーワードでどれだけ流入があったかがわかります。

今後(not provided)の割合はさらに増えていくと思われますので、今のうちからウェブマスターツールでキーワードを掴む方法に慣れておく必要があります。

検索結果画面の最適化

クリック率(CTR)改善

どれだけ、順位が上がっても、クリックされなければ流入は増えません。順位と同様に注意しないといけない数字がクリック率(CTR)です。
どんなキーワードで検索され、何回検索結果に表示され、何回クリックされたかがウェブマスターツール上でわかります。

131112_02.gif

狙い目のキーワードは以下のようなキーワードです。

  • 掲載順位は高いのに、CTRが低いキーワード
  • 掲載順位は低いけど、CTRが高いキーワード

131112_03.gif

そのようなキーワードを見つけたら、実際に検索してみてサイトのどのページが表示されるか確認します。
順位は高いのにCTRが低いキーワードで出てくるページは、タイトルやディスクリプションを改善することにより、集客力のあるページとなります。
逆に、順位は低いけどCTRが高いキーワードで出てくるページは、タイトルとディスクリプションで惹きつけるベースは出来上がっているので、コンテンツの増強を行ない順位をあげることで、より多くの人がクリックしてくれるようになります。

リッチ スニペット(検索結果の付加情報)作成支援

最近検索結果画面に「著者」として人の顔写真が出ることがあります。 そのような付加情報を検索結果画面に表示させるよう設定することで、検索結果で目を引くコンテンツとなり、クリック率の向上が期待できます。

例えば以下の情報が追加できます。

  • レビュー
  • 人物
  • 商品
  • 会社と組織
  • レシピ
  • イベント

実装に難しい操作は必要ありません。
ウェブマスターツール上で「データハイライター」を選び、表示される指示にしたがっていくつかステップを踏めば実装できます。

131112_04.gif

最後に公開をクリックすると反映されます。設定したリッチスニペットはいつでも編集・公開・非公開が可能です。

ペナルティ予防・対策ができる。

大量の被リンクやサイトからの不自然なリンク、重複コンテンツなど、悪質な手を使ってSEOを行なういわゆるブラックハットSEOを行っているとGoogleからペナルティを受けることは、誰でも一度は耳にしたことがあると思います。自分のサイトではそんな手は使わず、地道にSEOを行っている。というサイトがほとんどかと思われます。ですが、真面目にやっているつもりでも、無意識のうちに似たコンテンツをあげてしまっていることも少なくありません。
弊社でも日程違いで同内容のセミナーなどが重複コンテンツとなっており、ウェブマスターツールからアラートが届き、急ぎ修正したこともあります。
また、ECサイト等では、色違いの商品ページなども重複コンテンツとなる可能性があります。

ペナルティを受ける前に、ウェブマスターツールからのメッセージには気をつけておく必要があります。

131112_05.gif

もし重複コンテンツがあれば、コンテンツ内容に差をつけたり、どちらかをクロールさせないようにしたりといった対策が打てます。自分のところは大丈夫、と高をくくらず、こまめにチェックしてできるだけマイナス要因を取り除いておくと安心です。いくつかウェブマスターツールの使い方をご紹介しましたが、どれもSEOには欠かせない機能です。
Googleアカウントさえあればすぐ始められるので、今すぐ始めてSEOに活かしてみてはいかがでしょうか。

弊社では導入から機能の詳解までを網羅したマニュアルをご用意していますので、更にウェブマスターツールをSEOに活用したいとお考えであれば、是非そちらもご一読ください。

    p_masaki.jpg

    マーケティングデータアナリスト正木洋介
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    コラム・特集

    お問い合わせ窓口