サイトマップ

2005年10月14日(金)コープこうべネット会員10万世帯に聞く! ~テレビの健康番組がきっかけで継続購入している商品トップは「寒天」

ネットマーケティングを手がける株式会社パワー・インタラクティブ(大阪市中央区 代表取締役:岡本充智)は、コープこうべインターネット事業推進 室と協力して、コープこうべのネット通販の会員10万人を対象に「テレビの健康番組の購買行動への影響」に関するアンケートを2005年9月2日~8日に 実施し、6955件の回答を得ました。
今回のアンケート結果から、テレビ番組で健康にいいと紹介された商品を実際に購入したことのある人は全体の54%と半数を越えており、健康商品の情報入手源としてテレビの健康情報番組の影響は非常に大きいということがあらためて明らかになりました。
テレビ番組を見て購入した商品のうち現在も継続している商品では「寒天類」が14%と最も多かったのに対し、購入して期待はずれだった商品としては 「にがり」が20%を占めるという結果となりました。さらに継続する理由としては、最も多いのが「ダイエット効果」、次いで「便通」、「おいしい」「手軽 だ/簡単だ」が続きました。それに対して、継続しなかった理由については、「効果がない」がトップに来ており、次いで「おいしくない/口に合わない」が来 ました。これらの傾向から、回答者の多くは、"おいしくダイエット効果が得られる"健康商品を求めていると思われます。

n051013-1.gif

結果概要

  • 「テレビ番組で健康にいいと紹介された商品を実際に購入したことがある」は54%と、半数を越える。
  • 「テレビ番組を見て購入した商品で現在も継続している商品」は、「寒天類」が14%、次いで「ビタミン・サプリメント類」が13%、「お酢類」が10%と続く。
  • 「購入して期待はずれだった商品」については、回答者の20%が「にがり」をあげた。次いで「ビタミン・サプリメント類」「お酢類」「寒天類」があがり、「継続している商品」の上位商品が続く。
  • よく見るテレビ番組は「発掘!あるある大事典」「たけしの本当は怖い家庭の医学」
  • 健康商品の情報入手源は、「テレビ番組」76.5%、「新聞記事」49.1%、「インターネット」33.1%。年代別に見ると、「テレビ番組」 は各年代層でトップになっている。テレビに次ぐ情報入手経路として、30代以上では「新聞記事」、20代では、新聞よりインターネットが多くなっている。
  • 自分の健康で気になっていることは、「体重」を全体の64%が、また「体脂肪」を全体の51%が選んでいる。また、家族の健康で気になっている ことについても、「体重」を49%、「体脂肪」を39%が選んでおり、自分も家族についても最も気になるのは「体重」「体脂肪」という結果を得た。
  • # 「体重」「体脂肪」に次いで、自分の健康で気になるのは「肩こり」「目の疲れ・かすみ」「腰痛」「ストレス」といった疲労に関する項目が上位に来ている。 一方、家族の健康で気になるのは、「高血圧」「糖分の取りすぎ/血糖値」「肝機能」といった生活習慣病関連の要素が上位に来る。

株式会社パワー・インタラクティブについて

http://www.powerweb.co.jp/
1997年2月設立。Webマーケティングの専門のコンサルティング会社としてWebサイトの診断・分析サービスからWebマーケティング(集客・顧客育 成)の運用支援、Webサイト構築・運営、マーケティング全般に関するリサーチ・コンサルティングをてがけています。またWeb担当者様、経営者様を対象 としたセミナーを随時開催し、企業のWebマーケティング力強化を支援しています。

パワー・インタラクティブとは

お問い合わせ窓口