サイトマップ

2012年4月18日(水)「Webガイドライン策定担当者300人に聞いた自社Webガイドラインの運用状況および問題点について」の調査結果を公開

株式会社パワー・インタラクティブ(大阪市中央区、代表取締役岡本充智)は、企業における自社Webサイトのガイドラインの運用状況および問題点を把握するために、Webガイドライン策定担当者300人を対象にアンケート調査を行いました。

調査概要

調査目的 Webサイトのガイドラインの運用状況および問題点の把握
調査期間 2012年2月17日(金)~2012年2月23日(木)
調査方法 株式会社ジャストシステムのセルフ型ネットリサーチ「Fastask(ファストアスク)」でのアンケート調査
調査対象 従業員規模100人以上かつ、自社Webサイトに関するガイドラインの策定やルール作りに関わっている企業担当者
※除外対象者:Web制作会社に勤務の人
有効回答数 300人(※上記条件で事前スクリーニング)
調査主体 株式会社パワー・インタラクティブ

【主な調査項目】

  • 策定したガイドラインの運用状況
  • Webサイトの日常的な更新体制、戦略設計体制
  • ガイドラインの社内的公認状況
  • ガイドラインの策定及び運用上の課題

【調査サマリー】

→ サマリーはこちらをご覧ください。

【調査結果レポート】

「自社Webガイドラインの運用状況および問題点について」調査結果
→ 報告書PDFダウンロードはこちらから。

株式会社パワー・インタラクティブについて

パワー・インタラクティブはWebマーケ ティングの専門コンサルティング会社です。経営コンサルティングファームで培ったマーケティングデータ分析のノウハウを活かし、「アクセス解析」「顧客 データベース」等のデータ分析力を強みに、PDCAサイクルを回しながら、Webサイトの成果を確実にアップさせていく運用を得意としています。

パワー・インタラクティブとは

お問い合わせ窓口