サイトマップ

社長メッセージ

皆様と共に歩むことで、新しい知恵を生み出し、顧客変化への適応を具現化していきたいと思います

マーケティングをセリングとは別物であるとし、企業の一部門の活動ではなく、全社的な取り組みにまで高めるべくマーケティングを科学し体系化した、フィリップ・コトラーは、その自著「マーケティング・マネジメント」でマーケティングをこう述べています。
「マーケティングは、まだ満たされていないニーズとウォンツを発見し、定義し、その程度を測定し、どのターゲット市場を対象とするべきか選定し、それらの市場に適合する製品、サービスそしてプログラムを開発し、組織全体に顧客視点に立つことを要請するビジネス機能である。」
先見性のある企業は、マーケティング活動を事業展開の中に組み入れて、良きライバルとの競争環境の中で、切磋琢磨して顧客との接点を価値あるものにするように企業活動を行ってきました。
1990年代半ばのWebの台頭により、マーケティングのあり様は大きく変容しました。それは、よりオープンに、よりダイレクトに、かつリアルタイムな方向にシフトしました。
と言って、Webがマーケティングの主たるフィールドになったかというと、むしろリアルとの連携が顧客接点の質の優劣を決める重要な要素として浮かび上がってきました。 リアルを効果的に活用していくことができるWebマーケティングの開発と育成が、まさに企業のマーケティング課題になってきました。
リアルとは、自社の強みでもあり、ライバルが真似の出来ない、顧客に提供できる価値です。事業環境の変化とともに、この強みもブラッシュアップしていく必要があります。
私たちパワー・インタラクティブは、皆様の持っておられる強みを鮮明にし、Webの特性を生かして、まだ知りえぬ潜在客と出会い、皆様の商品・サービスを体験していただき、顧客との信頼関係を維持し続けるよう、共に取り組みたいと思います。
皆様と共に歩むことで、新しい知恵を生み出し、顧客変化への適応を具現化していきたいと思います。
今後とも相変わらぬご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。

株式会社パワー・インタラクティブ
代表取締役 岡本 充智

パワー・インタラクティブとは

お問い合わせ窓口