サイトマップ

Googleデータスタジオ使い方マニュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleデータスタジオの基本的な使い方を分かりやすく解説した最新のPDFマニュアルをダウンロードしていただけます。

Googleデータスタジオ(Google Data Studio)は、Googleが提供しているBIツールの一つで、元々は有償製品の一部として提供されていたものですが、 2016年6月2日より無料バージョンの提供が始まりました。

このツールは比較的新しいということもあり、「どのように始めたら良いか分からない」や「使い方がわからない」などのご質問をよくいただきます。

そこで、パワー・インタラクティブでは、アカウントの開設から、グラフを作成するためのデータ接続、 部門や社内で活用してもらうための共有まで、1からGoogleデータスタジオでレポートを作成するために必要な情報を紹介した「Googleデータスタジオ使い方マニュアル」を作成しました。

レポート作成にかかっていた時間を削減し、その分施策に時間をかけられるように、ぜひ当マニュアルをご活用下さい。

※本マニュアルは2017年9月20日時点での最新情報を掲載しております。

こんな方におすすめ
  • Googleデータスタジオをこれから活用しようと考えている方
  • Googleデータスタジオを活用しようと思ったが、使い方が分からず二の足を踏んでいる方
  • 施策の効果検証を素早く行い、次の施策に取り組みたい方

Googleデータスタジオ 使い方マニュアル特長

  • 初めての方でも、1からGoogleデータスタジオでレポート作成が可能
  • 利用するために最低限必要な機能のみにフォーカスした、分かりやすいマニュアル構成

Googleデータスタジオ 使い方マニュアルの内容

アカウントの開設

データ接続種類の選択

  • 新しいキャンパスの作成
  • 新しいデータソースの作成
  • データソースへ接続

作成するグラフを選択する

  • レポートを編集する
  • グラフの種類

レポートを作成する

  • レポートのデザインを変更する
  • グラフを作成する
  • ディメンション・指標
  • グラフのスタイル
  • データの絞り込み(期間・フィルタ)
  • スコアカードの作成

レポートデータの絞り込み

  • 期間・フィルタを一括で変更する
  • ビュー状態で確認する

共有する

Googleデータスタジオ使い方マニュアル
ダウンロード資料
ライブラリ

マーケティングの成功体験をサポート