サイトマップ

マーケティングオートメーション(MA)ツールはマーケティング機能が強化されたCMSですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

公開日:2017年4月 4日(火)

セミナーや相談会などでいただいた質問と回答をご紹介しています。

質問

マーケティングオートメーション(MA)ツールは、CMSにマーケティング機能が追加されたシステムなのでしょうか?

※2016/12/8「これからはじめるマーケティングオートメーション基礎セミナー」の質疑応答より

回答セミナーの登壇講師回答をベースにまとめています。

一般的なマーケティングオートメーション(MA)ツールには、Webサイトのコンテンツ全体を管理するためのCMS(コンテンツマネジメントシステム)としての機能は実装されていません。ランディングページ(LP)やダウンロードフォームのようなWebページを作成し管理する機能は用意されていますが、企業Webサイト全体を管理するものではありません。

例えば企業がWebサイトリニューアルを行う際に、合わせてMAも導入するというケースはしばしば見られます。この場合、CMSとMAツールをそれぞれ選定する必要があります。CMSにより構築されたWebサイトにMAツールの計測タグを実装することで、MAツールは個々の見込み客に属性情報を紐付け、Webサイトの行動履歴から有望見込み客を絞り込むために活用されます。

CMSの中にはA/Bテストやリコメンデーション、パーソナライゼーションのようなマーケティング機能を有するものもありますが、見込み客個人を扱うのではなく、特定のユーザーセグメントを設計してマーケティング施策を展開するものが多いと思います。

CMSはWebサイトを管理するツールであるのに対し、MAは見込み客を管理するツールだと考えてよいでしょう。

マーケティングオートメーションを知るコンテンツまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
デジタルマーケティング
Q&A

マーケティングの成功体験をサポート