サイトマップ

BtoBとBtoCで一つのマーケティングオートメーション(MA)ツールを活用できる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

公開日:2017年3月 8日(水)

セミナーや相談会などでいただいた質問と回答をご紹介しています。

質問

BtoBとBtoCのビジネスを行っており、両者でマーケティングオートメーション(MA)を活用したい場合、一つのMAツールを利用してコストを削減することはできるのでしょうか?

※2016/8/25「これからはじめるマーケティングオートメーション基礎セミナー」の質疑応答より

回答セミナーの登壇講師回答をベースにまとめています。

マーケティングオートメーション(MA)ツールはマーケティング部門で活用されるケースが大半ですが、企業向けの商材と消費者向けの商材を一つのマーケティング部門で扱うケースは少ないのではないでしょうか。おそらくBtoB、BtoCの各ビジネスに関わるそれぞれのマーケティング部門での利用を想定されていると思います。例えばMarketoのようなMAツールはBtoB、BtoCの両方で活用することが可能です。

ただし、企業の担当者と消費者とでは、購買プロセスが大きく異なります。このため、MAツールに求める機能要件が大きく異なる場合は、それぞれに適したツールを導入した方がコストを削減できる場合もあります。

BtoBとBtoCで同じMAツールを使うメリットとしては、ツールのコストだけでなく、社内でノウハウを共有し、学習コストを引き下げることができるという点も考慮すべきです。企業規模などによりケースバイケースで判断すべきかもしれません。

ご相談のようなケースの場合、全社戦略に基いて、事業部別・製品ブランド別のデジタルマーケティング戦略を立案した上で、どのようなマーケティング基盤を構築し、どのような運用体制で推進すべきかをまず検討すべきだと思います。MAツールの導入ありきで進めることはおすすめできません。

BtoCのビジネスでは、低価格帯の商材を取り扱う場合、MAツールの導入は費用対効果の面で難しいかもしれません。企業によっては個人情報の取り扱いなどコンプライアンス上の理由から導入を断念するケースも見られます。こうした点も事前に検討する必要があります。

マーケティングオートメーションを知るコンテンツまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
デジタルマーケティング
相談室

お問い合わせ窓口