サイトマップ

同一のCookieで異なる見込み客がフォームに入力をした場合、マーケティングオートメーション(MA)ではどのように保存されるか

このエントリーをはてなブックマークに追加

公開日:2017年10月 2日(月)

セミナーや相談会などでいただいた質問と回答をご紹介しています。

質問

マーケティングオートメーション(MA)ツールを運用している際に、製造部門のA氏と購買部門のB氏が同一のCookieでWebサイトを訪問してフォーム入力した場合、マーケティングオートメーション(MA)において見込み客データはどのように保存されるのでしょうか?

※2017/4/18「小さな成功体験からはじめるデジタルマーケティング入門セミナー」の質疑応答より

回答セミナーの登壇講師回答をベースにまとめています。

Cookieはブラウザー単位で保存されます。このため、ご質問のようなケースは、小規模の企業で異なる部門の担当者が共有PCを用いた場合のみ起こりえますが、企業におけるPCの普及率から極めてレアケースだと考えます。

もし、上記のようなレアケースが生じた場合も、マーケティングオートメーション(MA)ではメールアドレスをキーに見込み客を登録するため、製造部門のA氏と購買部門のB氏はともにMAに見込み客として登録されます。

ご質問の例以上に起こりやすいのは、製造部門のA氏がフォーム入力を行いMAに見込み客として登録された後に、部署異動により異なる部署名・役職名で再度フォーム入力を行うケースです。この場合は部署名・役職名が最新のものに上書きされますが、MAの設定により上書きせず、手動で見込み客データのマージを行うことも可能です。

また、最近は一人の見込み客が複数のブラウザー、PCとスマートフォンなどマルチデバイスから訪問することがあります。これらはMAから配信されるタギングメールにより、複数のCookieを一人の見込み客に紐付けることで、アクティビティを一貫して取得することが可能です。

マーケティングオートメーションを知るコンテンツまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
デジタルマーケティング
Q&A

マーケティングの成功体験をサポート