サイトマップ

サーチコンソールとキーワードプランナーの違いは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

公開日:2017年3月16日(木)

セミナーや相談会などでいただいた質問と回答をご紹介しています。

質問

セミナーでサーチコンソールについて解説していただきましたが、Googleの似たツールのキーワードプランナーとの違いがよく分からなくなってしまいました。どのような違いがありますか?

※2016/10/20「Webマーケティングに欠かせないGoogle三大ツールの活用ポイント&実践事例」の質疑応答より

回答セミナーの登壇講師回答をベースにまとめています。

サーチコンソールでは、貴社サイトへの訪問時に実際に使用された検索キーワードを確認することができます。それに対してキーワードプランナーは、キーワード広告を行う時の候補ワードを選定するときに使用され、特定のワードを入力するとそれに関連したキーワード候補を表示したり、貴社サイトのテーマに関連するキーワード候補を表示するようなことが可能です。

サーチコンソールのキーワードデータを見ると、例えば「検索結果によく表示されているにも関わらずあまりクリックされていないキーワード」(=機会損失している)といった、流入の改善に繋がりそうなキーワードを知ることができます。

キーワードプランナーのキーワードデータを見ると、関連キーワードやキーワード自体の需要などが分かります。リスティング広告のキーワード候補として利用するのはもちろんですが、SEO対策のための候補キーワードを選定するような使い方も可能です。

両者で得られる情報が異なるため、目的に応じて使い分けることをお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
デジタルマーケティング
Q&A

マーケティングの成功体験をサポート