サイトマップ

BtoBウェブ営業力コンテンツ強化コンサルティング

このエントリーをはてなブックマークに追加

Webサイト経由の資料請求や問い合わせといった見込み情報(リード情報)の獲得を強化するため、Webサイトの"なかみ"の見直しを行います。具体的には、営業力のあるコンテンツの拡充、営業フックの整理、見込み度の判別の設計等を行います。また、合わせて、現状のサイト構造やページ構成、フォームの見直し等、Webサイトの"つくり"についても具体的な改善方針を提示します。

こんな悩み抱えていませんか?
  • リードの獲得数が期待しているほど増えない。
  • リードは獲得できているものの狙っているターゲットとずれている。
  • コンテンツが充分でないことはわかっているが、どのように充実していけばいいかわからない。
  • Webサイトリニューアルを予定しており、RFP(提案依頼書)をまとめたい。

コンサルティング内容

顧客体験シナリオの設計

予算承認前の情報収集段階から深く入り込んで営業アプローチするのか、予算確保後の業者選定段階で確実に候補に入ることを狙うのかによって、Webサイトに設けるべきコンテンツは変わってきます。対象となる商材サービスがどの段階を狙うべきかを明確にし、シナリオを描きます。

営業力のあるコンテンツ企画

"売る力"をもったWebサイトにするためには、スペックや品質、価格、といった商品力を表現するコンテンツだけでなく、営業力のあるコンテンツが不可欠です。具体的には、事例、人物、実積、データ、独自ノウハウといった、貴社のトップ営業マンがセールスポイントとして訴求しているような要素を洗い出し、コンテンツとして充実させます。

集客力のあるコンテンツ企画

BtoBの場合、組織レベルで検討を開始する以前の、企業内の個人が情報収集を行ったり、社内提案の準備を行っている段階に役立つコンテンツを提供することで、ニーズ顕在化前の見込み層と早い段階で接点が取れる可能性があります。こういった段階で見つけてもらうコンテンツの検討を行います。

営業フックの整理

営業が訪問者にコンタクトを取れるように、訪問者に個人情報(メールアドレスや電話番号といった連絡先)を残してもらうための"フック"を設計します。並列的に複数の営業窓口を設置するのか、見込み度に合わせたフックを用意し案件化のタイミングをはかっていくのか等、対象商品と営業スタイルに応じて最適な営業フックを設置します。

見込度の判別

Web経由の問い合わせには軽いものも多く含まれています。これをそのまま営業に回すと営業側からWeb経由の引き合いは確度が低いといった印象を持たれてしまい、Webと営業の連携がうまくいきません。Web経由の引き合い情報について見込み度を判別し、見込み度によってその後の営業フォローの強弱を判断し、営業の効率化をはかります。

営業フックとは
営業がお客様とコンタクトをとれるよう顧客に足跡(メールアドレスや連絡先等の個人情報)を残してもらうための仕掛けを営業フックと呼びます。「問い合わせ」や「資料請求」が代表的なものになります。

コンサルティングフロー

flow_strategy.gif

費用

期間 3ヶ月 ※週1回2時間ベースの会議 計12回実施
費用 個別見積もり
範囲
  • 各購買プロセス別のデジタルマーケティング施策とファネル設計
  • リードマネジメント一元管理に向けての方針、必要要件、ステップの提示
  • ロードマップ、業務オペレーション設計
納品物 テンプレート、議事録、報告書

注)コンテンツ自体の制作は別途お見積りとなります。

サービス紹介

お問い合わせ窓口