サイトマップ

実践事例

Search Consoleを活用したSEOレポート

2015年8月26日
分野 Google アナリティクス 
業種 流通/サービス 

掲載日:2015年8月26日

SEOとして有望で、かつ成果に繋がりやすいキーワードをSearch ConsoleとGoogle アナリティクスのデータから分析!

クライアントの課題

Search Consoleでキーワードを確認しているが、変動が大きく優先度がつけにくいため、アクションにつながっていない。また、流入した後に成果に繋がるキーワードを発見し、優先的に対応したい。

Google アナリティクスの活用ポイント

  • Search ConsoleとGoogle アナリティクスで同じキーワードを分析することで、検索結果画面とWebサイト流入後の両面でキーワード評価を行う。
  • 定期レポートすることで、Googleペナルティの早期発見に繋げる。

実践フロー

1.キーワード選定

  • リスティング運用資料から、優先キーワードを検討
  • 関連部署から希望キーワードをヒアリング

2.レポート作成(Search Console)

  • キーワード別の「表示回数」「CTR」「順位」を変動率と共に調査
  • Googleペナルティ情報を調査

3.レポート作成(Google アナリティクス)

  • キーワード別の「訪問数」「直帰率」「CV率」を変動率と共に調査

4.レポート評価

  • 関連部署へ毎週展開し、リスティング施策の評価に繋げてもらう
  • Googleペナルティが発生した場合は緊急レベルに応じて対応する

実践後の効果

  • 決められたフォーマットで毎週チェックすることで、メルマガなどの施策との連動性やモバイルフレンドリーの影響などを把握可能となった。
  • Search Consoleでペナルティチェックと狙っているキーワードの評価を定期的に行うことで、守りと攻めの面をカバーできるようになった。

今回使用したGoogle アナリティクスの機能

機能内容
カスタムレポート 独自にディメンションや指標を組み合わせた定型レポートを作成できる機能。メルマガ分析や、リピーター獲得施策の評価など、目的に応じてレポート作成が可能。メールによる定期配信や、別ユーザーとの共有機能も有り。
※今回は、キーワードを軸とした「訪問数」「直帰率」「CV率」の定型レポートを作成


デジタルマーケティングの成功体験をサポート