サイトマップ

実践事例

ユニバーサル アナリティクス移行に合わせてeコマース分析を強化

2015年9月15日
分野 Google アナリティクス 
業種 製造 

掲載日:2015年9月17日

ユニバーサル アナリティクス新機能の拡張eコマースを導入することで、プロモーション分析やカート分析を活用

クライアントの課題

商品購入カートの分析改善をGoogleアナリティクスで行なっていたが、一通り対策を打って売上も伸び悩んでいた。カートに入る前のバナー効果や、カートに入れた商品のドロップ率など計測範囲を広げたい。

Google アナリティクスの活用ポイント

  • ユニバーサル アナリティクス新機能の拡張eコマースを導入することで、購入ステップの計測範囲をWebサイト全体に広げる
  • デフォルトメニューのため、カスタムレポートを新規作成しなくてもeコマースの最適化に向けた分析が可能

実践フロー

1.要件定義

  • 拡張eコマースで取得する項目を設計
  • 拡張eコマースタグの出力ページを決定

2.実装(Googleアナリティクス)

  • 適用プロパティを決定する
  • 拡張eコマース機能を有効とする

3.実装(Webサイト)

  • 拡張eコマースタグの出力設定を行う
  • テスト環境にて、計測確認を行う

4.分析

  • カート放棄率や、プロモーションバナークリックが購入にどれくらい影響しているか評価する
  • 新規、リピーター別に傾向の差があるか確認し、Webサイト改善に繋げる

実践後の効果

  • イベントトラッキングやカスタムレポートではなく拡張eコマースというデフォルトメニューを利用することで、データの紐付けについてカスタマイズが必要なく実装できた。
  • 視覚的に購入におけるボトルネックや、プロモーション効果が見えるため、分析ポイントが分かりやすくなった。

今回使用したGoogle アナリティクスの機能



機能内容
拡張eコマース 商品の閲覧から、仕様の確認、ショッピング カートへの追加、トランザクションの完了まで分析できるユニバーサル アナリティクスの新機能。


デジタルマーケティングの成功体験をサポート