2019年12月23日(月)企業インタビュー:スヴェンソン「マーケティングオートメーションの活用によるデジタルとアナログの最適化で店舗誘導促進」

株式会社パワー・インタラクティブ(本社:大阪市中央区、代表取締役:岡本充智)は2019年11月5日、デジタルマーケティング戦略のインタビュー記事として「サブスクリプション方式でウィッグ顧客を手厚くサポート デジタルとアナログの最適化で店舗誘導促進」を公開しましたのでお知らせします。

株式会社スヴェンソンは、1984年に創業し、『美と健康と環境の分野で社会に貢献する』という企業理念のもと、男性向け、女性向けウィッグの製造・販売から理美容サービスまでを手掛けています。主力製品となるスヴェンソン式増毛法(編み込み式増毛法)を採用した男性向けファッション用ウィッグを月額制のサブスクリプション方式で提供するなど、競合他社との差別化を図りながら顧客のニーズに応える経営戦略を展開しています。

今回は、"ウィッグ"という、顧客にとってデリケートかつ高価な商材を扱う株式会社スヴェンソンが、近年取り組みを始めたデジタルマーケティング戦略について、Men's事業部 広告販促チーム マネージャー兼サポートセンター長の圷 陽太郎氏に話をお聞きしました。ぜひ記事にてご覧下さい。

記事詳細はこちらから

https://www.powerweb.co.jp/casestudy/interview-19.html

スヴェンソンインタビュー

株式会社パワー・インタラクティブについて

パワー・インタラクティブは、デジタルテクノロジーを活用した企業のマーケティング変革を支援するコンサルティング会社です。現在、マルケト社が提供するマーケティングオートメーションシステム「Marketo」のシルバーパートナーとして、2019年9月現在、約120社以上の顧客に「Marketo」の導入・定着を支援するコンサルティングサービスを展開。2017年に「Marketo Best Implementation Partner 2017」と「Partner Leader 2017」)のダブル受賞をしています。
株式会社パワー・インタラクティブ  https://www.powerweb.co.jp/

会社情報