サイトマップ

同一ページ内の、同一リンク先への導線が複数ある場合のクリック数判別

公開日:2017年5月 9日(火)

セミナーや相談会などでいただいた質問と回答をご紹介しています。

質問

1つのページ内に同じリンクへのバナーが複数ある場合、それぞれの位置のクリック数を知りたいのですが、どのように設定すれば良いのでしょうか?

※2016/10/20「Webマーケティングに欠かせないGoogle三大ツールの活用ポイント&実践事例」の質疑応答より

このような場合、「イベントトラッキング」という手法がよく使われます。

◎イベントについて - アナリティクス ヘルプ
https://support.google.com/analytics/answer/1033068

各バナーのリンクタグ(aタグ)内に「クリックされた時に、このページのこのバナーがクリックされた」という情報を送る命令文を追記することで、どのバナーがクリックされたかを判別できるようになります。

命令文の中で、「カテゴリ」「アクション」「ラベル」という3つの項目名を決めることができるため、例えば下記のように項目名を決めておきます。

AページのXバナー

  • ・カテゴリ:Aページ
  • ・アクション:クリック
  • ・ラベル:Xバナー

AページのYバナー

  • ・カテゴリ:Aページ
  • ・アクション:クリック
  • ・ラベル:Yバナー

こうすることで、同じ「Aページ」で「クリック」された「Xバナー」または「Yバナー」という形で判別してクリック数を取得することができます。

【参考】「拡張リンクアトリビューション」という機能を使う方法もあります。

イベントトラッキングではあくまでも「Webサイト内で起こったアクションの計測」となり、「ページ間の遷移の計測」を行いたい場合には不向きです。「ページ間の遷移の計測」にこだわる場合はこちらの「拡張リンクアトリビューション」機能を使うのがお勧めです。

ただし、機能を利用するためにはリンク元のaタグにid属性を追記する必要があるため、id属性を追記することが可能か、確認の上で設定を行う必要があります。

また、拡張リンクアトリビューション機能で取得したページ間遷移のレポート閲覧のためにはChromeのアドオンが必要となる点も注意が必要です。

◎Chrome 拡張機能「Page Analytics」 - アナリティクス ヘルプ
https://support.google.com/analytics/answer/6047802?hl=ja&visit_id=1-636287295122455370-2400587529&rd=1

デジタルマーケティング
Q&A


デジタルマーケティングの成功体験をサポート