サイトマップ

マーケティングオートメーションを活用する上でのシナリオづくりや仮説の数は?

公開日:2015年12月17日(木)

セミナーや相談会などでいただいた質問と回答をご紹介しています。

質問

シナリオ作りで、どのくらいシナリオ変更を行ったのか?
また、仮説はどのくらい用意しておくべきか?

※2015/10/22「マーケティングオートメーション実践事例紹介」の質疑応答より

サイトを公開した直後は、ほぼ新規のサイトであることと、時間的な制約もあって商材の専門家ではないマーケティング部門がシナリオに沿ったコンテンツを用意することはむずかしく、最低限のモノしか作れていませんでした。

1年が経過した段階においても、なかなか仮説に基づくシナリオやコンテンツ作りに至っているとは言えません。全ての営業マンが納得して絶賛するような(受注確度の高い案件発掘に繋がる)スコアリング評価基準の導入はできていません。複数の人間が関与するBtoBの購買プロセスを未だに解析できていないことも大きな要因だと考えます。

弊社の場合は、ひとつの仮説からひとつのシナリオと、それを実行するために十分なコンテンツ作りを重視して進めています。あまり複雑ではない小さな仮説とシナリオを実証することを繰り返して、最終的に購買行動を網羅できるものが作れたら良いと考えています。(成功パターンを研究して、他の商材に横展開できるものは参考にしながら。)

2つめの質問に対する答えですが、始めての商材に対しては、仮説はひとつの商材でひとつ、シナリオの変更はコンテンツができあがる度に影響があればその都度行い、シナリオ全体の完成度はサイト全体と同様に、各コンテンツを数値指標で評価できれば良いと考えています。

(文責:パワー・インタラクティブ 2015.11.10)

マーケティングオートメーションを知るコンテンツまとめ

デジタルマーケティング
Q&A


デジタルマーケティングの成功体験をサポート