サイトマップ

メールプログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

公開日:2018年3月 5日(月)


メールプログラムとは

メールプログラムとはメール配信に特化したプログラムです。メールマガジンなど単発のメール配信に用いられます。

Marketoにおいてメール配信はエンゲージメントプログラムやスマートキャンペーンでも可能です。ここではスマートキャンペーンでの配信と比較する形でメールプログラムをご紹介します。



配信結果をダッシュボード機能で確認できる

スマートキャンペーンでの配信は結果を見るために、レポートアセットが必要です。
メールプログラムでは配信後、ダッシュボード機能で結果を確認することができます。

ダッシュボードでは下記の配信結果を見ることができます。

  1. 送信対象者の内、配信できた人数
  2. 配信後1時間毎の開封数/クリック数の推移
  3. メールのエンゲージメントスコア
  4. 開封数(率)、クリック数(率)、開封した人の内クリックした人の率、配信停止数(率)

2.はレポートアセットでは見ることが出来ない情報です。
アセットレポート
※リンクごとのクリック状況など、詳細なメール配信結果を確認する場合は、レポートアセット「リンクの効果」を用いることをおすすめします。



配信するためのスマートキャンペーンが不要

メールプログラムは配信用のスマートキャンペーンが不要です。メールプログラムとメールアセットがあれば配信できます。

通常スマートキャンペーンで設定するような「配信対象」「メール」「スケジュール」はメールプログラム内のコントロールパネルにて設定を行います。



ABテストの勝者を自動送信

メールアセットのABテストでは、メール配信後に結果が判明します。
反応が良かった方を次回の配信に活かす形になります。

メールプログラムのABテストはあらかじめ「テスト対象者」と「勝者送信用」の割合を定義して、勝者を自動的に配信することが可能です。
つまり一回のメール配信において、「ABテスト」と「その結果を用いた配信」を同時にすることができます。
メールプログラムのABテスト



フローはメール配信のみ

スマートキャンペーンではメール配信処理と一緒に様々な処理を実装できます。
メールプログラムはメールを一回送るだけの処理しかできません。

ステータスの変更など、対象者にむけてメール配信以外の処理も実装したい場合は、
スマートキャンペーンでの配信が有効です。



繰り返し利用不可

また、メールプログラムは一度配信が完了したら、そのプログラムは利用できません。
スマートキャンペーンでのメール配信は、一度配信した後も繰り返し利用することができます。



スマートリストの条件は「フィルター」のみ

メールプログラム内のスマートリスト設定はフィルターしか使用できません。
行動や、データの変化をトリガーとしたメールはスマートキャンペーンを用いる形になります。

Marketo用語解説&運用のポイントのこんな質問にも回答しています

マーケティングオートメーション総合支援プラン

このエントリーをはてなブックマークに追加
デジタルマーケティング
Q&A


デジタルマーケティングの成功体験をサポート