サイトマップ

プログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

公開日:2018年3月 5日(月)


プログラムとアセット

一つのマーケティング施策には様々な処理やアクションが含まれます。

例えばセミナーを開催する場合、下記の様な処理、アクションが行われます。

  1. 集客対象リードをリストにインポート。セミナー告知メールを送る。
  2. 受付フォームを用意し、申込ステータスを管理。申込がある度に、社内通知メールを配信。
  3. 会期が近づいてきたら、申込者に対してリマインドメールを配信。

これらの処理やアクションをまとめて管理するのが、Marketoのプログラムです。
実際にお客様が目にする、メール文面、ランディングページ、フォームなどはアセットと呼ばれます。プログラムはアセットをいれる箱の様なもの、とも言えます。

「遷移ルールの編集」画面

代表的なアセット:
メール、ランディングページ、フォーム、スマートキャンペーン、リスト、スマートリスト



様々なプログラム

プログラムには施策に特化したものがあります。


メールプログラム

メール配信に特化したプログラムです。メールマガジンなど、単発のメール配信に用いられます。
配信結果を確認できるダッシュボード機能があり、プログラム自体にスマートキャンペーンが内蔵されています。


イベントプログラム

セミナーや展示会に特化したプログラムです。
そのプログラムから実行される処理(集客メール配信日、リマインドメール配信日、会期本番等)をカレンダー形式で確認することができます。
iPadでステータス変更ができるアプリが利用可能になり、イベント現場にて出席フラグを立てることができます。


エンゲージメントプログラム

「ストリーム」という、エンゲージメントプログラム内のセグメントを用いて、リード毎に適した処理を継続的に行うことができます。
エンゲージメントプログラムを用いることで、リードの興味関心や成熟度合いに応じた継続的な情報提供が可能です。
設定したライフサイクルと、エンゲージメントプログラムのストリームを同期させて利用するケースが多いです。


デフォルトプログラム

上記以外の施策を実行する際に用いられます。
例:資料請求フォーム設置、スコアリング、ライフサイクルステージの遷移など



プログラムで管理するもの

プログラムで主に管理することができるものについてご紹介します。


プログラムメンバー

プログラムに所属しているリードです。
メール配信されたリード、資料請求フォームを通過したリードはそのプログラムのメンバーとなります。
スマートリストで特定のプログラムメンバーを絞り込む事ができます。


チャネル

プログラムにおけるリードのステータスを管理するものです。
プログラム作成時に設定します。プログラムメンバーがどのステータスにいるか把握することができます。

例:「メール」チャネル   配信 > クリック
例:「セミナー」チャネル  集客済 > クリック > 申込 > 来場


マイトークン

マイトークンは各アセットに置くことができる変数です。プログラム内にてマイトークンの値を編集すると、それが各アセットに適用されます。活用することで、プログラム作成時間を短縮することができます。

例:終わったイベントプログラムを複製して、次回のイベントプログラムを作成する

<各アセットにマイトークンを使っていない場合>
ランディングページや集客メール、リマインドメールに載っているセミナータイトルをそれぞれ新しいセミナータイトルに修正しなければならない。

<各アセットにマイトークンを使っている場合>
プログラムにてセミナータイトルのマイトークンを、新しいセミナータイトルに変更するだけでOK。
各アセットに掲載されている、セミナータイトルが新しいものに切り替わる。

Marketo用語解説&運用のポイントのこんな質問にも回答しています

マーケティングオートメーション総合支援プラン

このエントリーをはてなブックマークに追加
デジタルマーケティング
Q&A


デジタルマーケティングの成功体験をサポート