サイトマップ

「お問合せを完了した人」などの抽出方法は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

公開日:2017年3月16日(木)

セミナーや相談会などでいただいた質問と回答をご紹介しています。

質問

問い合わせをしてくれた人の動向を調べたいため、問い合わせ者を抽出したいです。どのように設定すればいいのでしょうか?

※2016/10/20「Webマーケティングに欠かせないGoogle三大ツールの活用ポイント&実践事例」の質疑応答より

回答セミナーの登壇講師回答をベースにまとめています。

特定の条件でデータを絞り込むにはセグメント機能を使います。画面上部の「+セグメントを追加」の部分をクリックすると、セグメントメニューが開きます。

Googleアナリティクスでは、よく使用するセグメント条件がデフォルトで用意されています。その中の「コンバージョンが達成されたセッション」がありますので、これを使用するとコンバージョン達成者だけに絞り込むことが可能です。注意としては、当セグメントはコンバージョンを条件にしているため、あらかじめ「お問い合わせ完了」を目標設定(コンバージョン設定)しておくことが必要です。

目標設定していない場合は、自分でカスタムセグメントを作成して絞り込むことが可能です。セグメントメニューの「新しいセグメント」から、「条件」タブにて様々な絞り込み条件を入力することができます。今回は「お問い合わせ完了」ですので、条件を「ページ」に切り替え、フォームの完了画面URLを入力すると、そのURLを踏んだ人(すなわちお問い合わせ完了した人)で絞り込むことができます。

カスタムセグメント機能を活用すると、他にも様々な分析が可能です。広告経由やSNS経由など「特定の参照元から流入した人」、社名や製品名を含む検索ワードなど「特定の検索キーワードを使用した人」、LPを閲覧した人や事例ページを見た人など「特定のURLを見た人」などと、かなり自由度が高い絞り込みが可能です。詳細な分析には欠かせない機能ですのでぜひ活用してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
デジタルマーケティング
Q&A

デジタルマーケティングの成功体験をサポート