サイトマップ

スマートキャンペーン

このエントリーをはてなブックマークに追加

公開日:2018年3月 5日(月)


スマートキャンペーンとは

マーケティング活動のプログラム配下にて、処理を管理するアセットです。
お客様様へのアクションはもちろん、スコア加算やライフサイクルステージ変更、社員へのアラートメールなど、Marketoで行う処理を管理します。



4つのタグ

スマートキャンペーンには「スマートリスト」「フロー」「スケジュール」「実行結果」の4つのタブがあります。それぞれご紹介します。
スマートキャンペーン


スマートリスト

処理の対象者を設定します。
リードの選定条件としてトリガー(特定のアクション時に発動)、フィルター条件(属性や過去行動履歴を元に絞り込む)を使用することができます。

複数のトリガーを設定した場合は、いずれかに該当するアクションがあったタイミングで処理が発動します。
フィルターについてはOR結合、ANDとOR結合を組み合わせた条件も設定可能です。


フロー

処理を設定します。複数の処理を記述することが可能です。
スマートキャンペーンを用いたメール配信では、配信と一緒に様々な処理を実行することができます。
(メールプログラムを用いたメール配信は、一回のメール配信処理しかできません。)

条件分岐や待機、フローからの途中離脱も可能です。


スケジュール

処理の発動タイミングや、リードが処理を受ける回数の上限を設定することができます。
バッチキャンペーン(スマートリストにフィルターのみ)の場合、処理を行うスケジュールを設定する必要があります。
トリガーキャンペーン(スマートリストにトリガーを含む)の場合、有効化するかしないかの設定となります。


実行結果

スマートキャンペーンでの処理履歴が一覧で掲載されます。
リード詳細画面のアクティビティ履歴同様、特定の履歴に絞り込むことができます。
スマートキャンペーンでの処理履歴

実行結果に、想定した処理履歴が掲載されていない場合、閲覧用フィルターが有効になっていないか確認してください。



運用上の注意点

承認不要

他のアセットとは異なり、承認が不要です。修正したものが即座に反映されますので注意してください。


他のアセットの選択

スマートキャンペーン内で他のアセットを選択します。
そのアセットが承認されていないと、選択候補として表示されません。


フィルターとトリガー

スマートキャンペーンにて条件を設定する際は「フィルター」と「トリガー」を間違えないようにしてください。
トリガーの”ウェブページにアクセス”と、フィルターの”ウェブページにアクセス済み”では処理の発動タイミングが異なります。

Marketo用語解説&運用のポイントのこんな質問にも回答しています

マーケティングオートメーション総合支援プラン

このエントリーをはてなブックマークに追加
デジタルマーケティング
Q&A


デジタルマーケティングの成功体験をサポート