サイトマップ

スマートリスト

公開日:2018年3月 5日(月)


スマートリストとは

設定した条件に合致したリードを抽出するアセットです。
(スタティック)リストアセットとは異なり、その時々で抽出されるリードは変わります。

ディレクトリ「データベース」「マーケティング活動」に置くことができます。マーケティング活動に置く際はプログラム配下に置く必要があります。

属性を用いた抽出条件はもちろん、行動履歴を用いた抽出条件も可能です。さらに「制約の追加」を押すことで、詳細な条件を加えることが可能になります。
スマートリストとは



使用上の注意点


一定の期間をすぎると、抽出条件として使えない行動履歴がある

「ウェブページにアクセス済み」「ウェブページのリンククリック済み」はスマートリストで抽出できる期限が90日と決まっています。
抽出条件として使えない行動履歴

リード詳細画面のアクティビティログから消えるわけではありませんが、スマートリストとして抽出できなくなります。

例:スマートリスト作成日が2017/12/20として
→「2017年6月中に価格ページ閲覧者」は抽出不可
→「2017年7月中に見積ページへのリンクをクリックした人」は抽出不可

とは言え、90日よりも前のアクセス履歴やリンククリック履歴を抽出条件として使用したいケースもあると思います。

その際は、該当するアクションがあったリードをスタティックなリストに入れて管理することをおすすめします。(該当する行動をトリガーとして、そのリードを特定のリストに追加する処理を実装)


条件同士の結合条件

デフォルトでは条件同士は「全フィルターを使用(AND結合)」になっていますが、
「任意フィルターを使用(OR結合)」や「詳細フィルターを使用」を選択することができます。

「詳細フィルターを使用」はANDやORを組み合わせたり、条件をさらに括弧で囲むような
詳細な条件設定が可能です。
条件同士の結合条件



抽出時間について

抽出条件は上にあるものから処理されます。対象を限定できる条件を上に置くと、抽出時間は早くなります。

ケース1
1番目:性別が女性
2番目:都道府県が埼玉

ケース2
1番目:都道府県が埼玉
2番目:性別が女性

ケース2の方が抽出にかかる時間を短縮できます。
所有リード件数が多い場合は、抽出条件の順番にも気を配ることをおすすめします。

Marketo用語解説&運用のポイントのこんな質問にも回答しています

関連ダウンロード資料
『リードナーチャリングシナリオ事例集6選 for Marketo 収益サイクルモデラ』

Marketo導入企業 BtoB 3社、BtoC 3社の収益サイクルモデラを公開。リードナーチャリング設計時に是非お使いください。

デジタルマーケティング
Q&A


デジタルマーケティングの成功体験をサポート