サイトマップ

ステータス

このエントリーをはてなブックマークに追加

公開日:2018年3月 5日(月)


ステータスとは

プログラム内における、各リードの進捗です。

セミナーのプログラムであれば「集客済み」「申込」 「来場」といったステータスを設定することで、セミナー集客対象リードの進捗を把握できます。

ステータスの中から成功ステータスを定義することができ、プログラムごとの成功率を把握することができます。ステータスの編集



ステータスの設定

ステータスの編集

あらかじめ複数用意されていますが、カスタマイズすることができます。

管理 > タグ > チャネル
プログラム間での評価

ステップで順番を定義することができます。ステップ内に記載されている数字の大きさに逆らってステータスを変更することはできません。
なお、同じ数字を設定することができるので、行き来しそうなステータスは同じ数字を設定することをおすすめします。

※上記のステップの場合
「キャンセル」から「招待」にステータス変更 [不可]
「出席」から「欠席」にステータス変更    [可能]
「欠席」から「出席」にステータス変更    [可能]

成功と見なすことができるステータスにチェックをつけてください。


ステータス変更処理の実装

基本的にはスマートキャンペーンを用いて、ステータスを変更する処理を実装する必要があります。
(フォーム通過や、メールプログラムによるメール配信によって、自動的にチャネル内の一つ目のステータスが割り当てられるケースもあります。)

・セミナーのプログラムにてステータスを変更するタイミングの例
→集客メール配信時 ステータスを「招待済み」に変更
→申込フォーム入力時 ステータスを「申し込み」に変更
→キャンセルフォーム入力時 ステータスを「キャンセル」に変更
→来場者リストインポート時 ステータスを「来場」に変更



ステータスの活用

プログラム間での評価(アナリティクス:プログラムの効果)

同じチャネル同士のプログラムはステータス状況を比較することができます。これによりうまくいっているプログラムが明確になります。
プログラム間での評価
※チャネルが「セミナー」の各プログラムを比較。


特定のステータスのリードの抽出

スマートリストにて、特定のプログラム・ステータスのリードを抽出することができます。
セミナーのサンクスメール配信対象者の条件としてよく用いられます。
特定のステータスのリードの抽出



ステータスの粒度

1チャネルにおいてステータスは削除も追加もできます。
しかし、ステータスが少なすぎると、施策内の進捗が把握しずらくなります。多すぎると、その分ステータス変更処理を実装しなければなりません。

チャネル内のステータスとして設定するか、しないかは下記の2点を参考にしてみてはいかがでしょうか。

・マーケティング施策のゴールまでのKPIとして見たい数字
KPIとして知りたい数字についてはステータス化することをおすすめします。
展示会から商談をつくる事をゴールとした場合、KPIになりえる「ブース訪問」「営業名刺交換」などはステータスとして管理すべきです。

・リードの状況を対象条件として使用したい場合
1つのプログラム内において、特定の状況下のリードにアクションをする場合は、その状況をステータス化することをおすすめします。
例えばセミナープログラムにおいて、リマインドメールの配信対象となる「申込」や、会期後のサンクスメールの配信対象となる「来場」はステータスとして管理すべきです。

これらを参考にステータスの最適化を進めてみてください。

Marketo用語解説&運用のポイントのこんな質問にも回答しています

マーケティングオートメーション総合支援プラン

このエントリーをはてなブックマークに追加
デジタルマーケティング
Q&A


デジタルマーケティングの成功体験をサポート