サイトマップ

「企業内でのアクセスログ解析ツールの利用実態」結果概要発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

社内でのアクセスログ解析ツールの利用は、無料ツール利用が半数以上にのぼり、有料ツール利用者は2割程度にとどまる。

Webマーケティングを手がける株式会社パワー・インタラクティブ(大阪市中央区 代表取締役:岡本充智)は、「企業内でのアクセスログ解析ツールの利用実態に関する調査」を実施しました。
今回の調査は、株式会社マクロミルのインターネットリサーチ登録モニターを利用。
2006年12月23日から24日の期間に勤務先でWebサイトを開設しており、Webサイトの業務に携わっている人を対象に実施。有効回答は500人(内254人は、アクセスログ解析ツールを現在使用している人)から得られました。

調査概要

調査期間 2006年12月23日~12月24日(2日間)
調査方法 インターネットリサーチ(実査:株式会社マクロミル)
調査地域 全国
有効回答数 500人(内254人は、アクセスログ解析ツールを現在使用している人)
調査主体 株式会社パワー・インタラクティブ

調査結果抜粋

勤務先で導入しているアクセスログ解析ツールは、55%が無料ツール

アクセスログ解析ツールは、無料ツールが55%、有料ツールは約19%。無料と有料ツールの導入比率は約3:1と、まだ主流は無料ツールの傾向がみられました。有料ツール利用者は、サイトの規模(月間PV数)、勤務先の規模(従業員数)、ネット広告費などに比例して多くなる傾向にありました。一方、無料ツール利用者は月間PV数が5万PV未満の小規模サイトの企業にて多くなる傾向でした。(図1)

図1 メールマガジンを発行する目的

現在利用しているアクセスログ解析ツール導入のきっかけは「ホームページのリニューアルを機に」が半数にのぼる

現在利用中のアクセス解析ツールの導入のきっかけを聞いたところ、「リニューアルを機に導入した」との回答が約44%と最も多く、次いで「無料 だったので」(約28%)、「ニーズに対応するため」(約24%)、「ネット広告の効果測定をするため」(約23%)との回答が続きました。(図2)
また、サイト運営にあたってツール導入は重要だと考える人(重要度:高)ほど、「ニーズに対応するため」「成果を出すためのボトルネックを把握するため」などの成果に直結する理由をあげる回答が多い傾向にありました。(図3)

図2 成果目標に対する現在の達成度合い

アクセスログ解析ツールの利用状況は「画面で数値を確認」が78%と圧倒的。

アクセスログ解析ツールをどの様に利用しているかを尋ねたところ、「画面で数値を確認」が78%と最も多く、次いで「分析結果を上司・他部署など に報告」が49%、「分析結果を使って、Webサイトの改善をおこなっている」が47%とどちらも半数近くとなり、ログデータを積極的に活用しようという 傾向が読み取れました。(図4)

図3 メールマガジン業務への取り組み(抜粋)

「企業内でのアクセスログ解析ツールの利用実態」結果概要発表
ダウンロード資料
ライブラリ

お問い合わせ窓口