サイトマップ

デジタルマーケティング
戦略策定

デジタルマーケティングはデジタルテクノロジーを活用して、
マーケティングを中心とした見込み客や顧客とのコミュニケーションを刷新するものです。
いまやあらゆる人がデジタルとリアルを意識することなく、
さまざまなチャネルを横断して情報を集め、購入する時代になりました。
いま企業に求められているのは、チャネルを超えて提供される一貫した体験です。

パワー・インタラクティブは、ビジネスコンサルティング、Webマーケティング、
システムやツールの実装と活用など幅広い領野での知見とノウハウをベースに、
実践的なデジタルマーケティング戦略を策定いたします。

ご相談はこちらから

デジタルマーケティング、
『3つの不足』を
どう乗り越えるか?

すべての企業において重要な課題となったデジタルマーケティング。
うまくいかないケースは、大きく以下の3つの問題を抱えています。

  • 社内の理解不足
    経営層がデジタルマーケティングの重要性を理解していない、セールス部門の協力が得られない、など社内の理解が得られないために取り組みがうまくいかないケースは多く見られます。
  • 人材の不足
    デジタルマーケティングを推進する中心メンバーが社内に見当たらず、取り組みがなかなか進まないというケースもよく見られます。
  • ノウハウの不足
    社内のコンセンサスに基づき組織として取り組みはじめたものの、システムやツール、データ活用、施策立案などさまざまなノウハウの不足で思うような成果につながらないケースも少なくありません。

『具体的実践』を引き出す
戦略策定コンサルティング

パワー・インタラクティブは個々の企業を『具体的実践』に導くためのコンサルティングにこだわっています。
どのような戦略を描くかの前に、どのように戦略を作るかが重要です。

組織横断型プロジェクトで、
強みを引き出す

パワー・インタラクティブのチームが主体となり、プロジェクトベースで推進します。貴社のマーケティング部門を中心に、セールス部門やサポート部門、製品開発部門などからメンバーにご参画いただき、経営層の理解を得ながら、社内から戦略を引き出しつつ、実践に移すための体制を作ります。

リアルとデジタルを統合する
顧客体験を設計する

デジタルマーケティングは単にデジタルチャネルを活用する手法ではありません。リアルとデジタルを自由に使い分ける見込み客や顧客の体験を理解し、よりよいものに刷新することが重要です。パワー・インタラクティブはコミュニケーションシナリオに基づき、あるべき顧客体験を設計します。

戦略、組織、
システム、施策をつなぐ

戦略策定にとどまらず、調査分析、コミュニケーションシナリオの策定、施策立案、コンテンツの企画・制作まで広く取り組んできたからこそ、わかることがあります。戦略を実現する組織像、求められるシステム、デジタルマーケティング施策の展開をしっかりつなぐことで、具体的実践につながる戦略を提示いたします。

スモールスタートで
成功確率を高めるロードマップ設計

製品単位、ブランド単位、事業部単位など小さな規模から取り組み、具体的実践を通じて戦略を検証し全社展開につなげていくロードマップ設計を行います。検証と改善のプロセスを定着させることは、デジタルマーケティングを成功に導く上で極めて重要です。

料金、その他の
お問い合わせはこちらから

戦略策定の流れ

以下のような流れでデジタルマーケティング戦略を策定していきます。

現状評価に基づく
戦略方針の定義
外部環境、自社、競合、顧客に
関わる現状分析と評価を行い、
戦略方針を定めます。
顧客体験
シナリオの設計
クロスチャネルを前提とした
顧客体験の定義とチャネルミックスの整理に
基づき、購買プロセスを踏まえて
シナリオに落とし込みます。
コミュニケーション
方針の設計
顧客体験シナリオにおける
デジタルチャネルの役割を明確化し、
見込み客や顧客のステージごとの
コミュニケーション方針を定めます。
デジタルマーケティング
基盤の整備
リードマネジメント体制や分析環境の整備方針を定め、データに基づく継続的な改善を行うための体制とシステム要件を定義します。
デジタルマーケティング
計画の策定
戦略実行のためのロードマップ策定、
業務オペレーションの定義と外部パートナー選定、
ツール導入に関わる全体計画を定めます。

デジタルマーケティングの
具体的実践

費用

期間 3ヶ月~ ※週1回2時間ベースの会議 3ヶ月で計12回実施
費用 個別見積もり
範囲
  • 現状評価と戦略目標の定義
  • 顧客体験シナリオとコミュニケーション方針の策定
  • デジタルマーケティング基盤の整備方針、
    導入ステップの提示
  • ロードマップ、業務オペレーション設計、要件定義、
    ツール選定(ツール導入支援)
納品物 議事録、報告書

[ アウトプットイメージ ]

アウトプットイメージ

戦略策定では、現在と今後の「顧客像」を明らかにすることから取り組みます。顧客とのコンタクトポイントとニーズを棚卸したうえで、セグメントを検討します。貴社のサービスやコンテンツ資産をふまえて、それぞれのセグメントへの提供価値を検討しコンセンサスを形成します。

ご相談はこちらから

デジタルマーケティングの成功体験をサポート