サイトマップ

会社概要・沿革

パワー・インタラクティブの会社概要・沿革・社名の由来についてご紹介いたします。

会社概要

会社名株式会社パワー・インタラクティブ
Power Interactive Corp.
所在地

大阪オフィス
〒541-0048 大阪市中央区瓦町4-3-7 OSJ御堂筋瓦町ビル5F
Tel. Fax.06-6282-7597

アクセスマップ

東京オフィス
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-2-6 EBIS-FIVE BLDG 4F
Tel.  Fax.03-6416-3351

アクセスマップ

設立1997年2月
資本金15,000,000円
役員代表取締役 岡本充智
取締役 遠藤美加
取締役 広富克子
監査役(非常勤) 角井彦量
取引銀行三井住友銀行(大阪本店営業部・難波)
りそな銀行(北浜)
取引先製造業(素材、機械/部品/加工製造、機器、情報通信/ソフトウェア、医療/バイオ、食品/化粧品/家庭用品/住宅設備、印刷等)
IT(システム開発、ネットワーク/インフラ、パッケージ/サービス等)
その他サービス(商社/流通、通販EC、ホテル/旅行、人材、教育/学校、広告、コンサルティング等)
コンサルティング領域セールス&マーケティングプロセス変革
データドリブン支援
Webサイトコンセプトデザイン

沿革

1997年ネット・マーケティングの専門コンサルティング会社としてパワー・インタラクティブ設立
2001年ホームページ活性化を目的とした診断サービス開始
東京・浜松町に東京オフィス設立
ネット広告代理事業を開始
2002年業容拡大につき東京オフィス恵比寿へ移転
2003年財団法人日本情報処理開発協会よりプライバシーマークの付与認定を受ける執行役員制導入
2004年メールマーケティングシステム[PowerContact]開発、販売開始
2005年アクセス解析ツール「PowerROI」開発、販売開始
2006年アクセスログ分析および診断・リサーチの専門部署設置
マーケティングデータアナリスト職の配置
2007年有料セミナー事業を開始
2008年診断サービスメニューの刷新・拡充
企業のWeb担当者向け活用講座のシリーズ化
2009年「ウェブ営業力」(翔泳社)刊行される
PowerROI Ver4リリース
2010年業容拡大につき大阪オフィスを本町へ移転
2011年Google Analytics最適活用のための導入コンサルティングサービスを開始
2012年Google Analytics用 企業情報解析ツールを提供開始
Google Analytics企業内定着支援プランを提供開始
ページ別コンテンツ最適化プラン(ロングテールSEO強化)を提供開始
イプロスとの共同企画"製造業のマーケティングを考える"カンファレンスを開催
2015年マーケティングオートメーション「Marketo」のサービスパートナー契約締結
Marketo導入・活用支援コンサルティングサービスを提供開始
2017年Marketoシルバーパートナーとして認定
2018年2017年度「Marketo Partner Awards」にて企業およびコンサルタント個人の2部門で受賞

社名の由来

インタラクティブの社名誕生は、シリコンバレーのPower Lunch(ビジネスランチ)がきっかけとなっています。 創業者である代表取締役の岡本が、創業前にPower Lunchの席で、TV Interactive社のCEO、Peter Redford氏と出会ったときのこと。同社の社名「Interactive」は、「Inter+Active」分けられることにインスピレーションを感じた岡本は、Peter Redford氏に英語での意味をたずねたのです。その答えが、"It's communication."それを聞いた瞬間に岡本は、日本語の双方向という意味だけではなく、コミュニケーションという意味を含む「Interactive(インタラクティブ)」を社名にとの考えが浮かびました。
しかし、魅力的な言葉ではあるけれどこの一言だけでは発音しにくく、インパクトにも欠けると分析。
そんな矢先、岡本の目にふと留まったのが、当時仕事で使っていたApple社のPower Macだったのです。
この時、Peter Redford氏との出会いの場となったPower Lunchと、仕事の友であったPower Macにちなんだ「Power(パワー)」をプラスし、現社名の「Power Interactive(パワー・インタラクティブ)」が誕生しました。
初めて耳にされる方には覚えにくく、発音しにくい社名ですが、お客様には「パワーさん」の愛称で親しんでいただいております。

シンボルマークの由来

当社のシンボルマークは、ホップ・ステップ・ジャンプをモチーフに、朝靄(もや)の地平線から、太陽が昇り、社会価値を提供するステージが広がる様を表しています。

パワー・インタラクティブとは

デジタルマーケティングの成功体験をサポート