サイトマップ

マーケティングオートメーションの個人の特定はどのような仕組みで行っているのか?

公開日:2015年12月17日(木)

セミナーや相談会などでいただいた質問と回答をご紹介しています。

質問

マーケティングオートメーションの個人の特定は、どのように行うのか?展示会で集めた名刺を登録すれば、登録後すぐに個人単位のWebサイトの閲覧状況が把握できるのか?

※2015/10/27「マーケティングオートメーションが切り拓く法人営業の新しい可能性」の質疑応答より

マーケティングオートメーションツールは、一般的にメールアドレスをキーに個人を管理しています。このメールアドレスと、クッキー(Cookie)を紐付けることで、個人単位の行動を把握します。

紐づけるためには、「入力フォームを通過してもらう」か、「メールをクリックしてもらう」かのいずれかが必要です。

お客様が検索エンジン経由でWebサイトに来て、資料請求やイベント申込などのフォームを通過してもらって、メールアドレス等の個人情報を取得した場合は、そこでクッキーと個人情報が紐づき、その後のWeb上の行動はマーケティングオートメーションツールで、全て把握することができます。フォームを通過する前に閲覧していたページについても、クッキーが残っていれば確認できます。

一方、展示会等で集めた名刺情報をマーケティングオートメーションツールに登録したという場合はどうでしょう。この場合、個人情報は登録済みですが、Web上の行動と紐づいていません。そのため、フォームを通過してもらうか、もしくは登録済みのメールアドレスにメールを配信し、メールをクリックしてもらう必要があります。

(文責:パワー・インタラクティブ 2015.11.10.)

マーケティングオートメーションを知るコンテンツまとめ

デジタルマーケティング
Q&A


デジタルマーケティングの成功体験をサポート