見たいデータが集約できる!本気で使おうGoogleデータポータル活用セミナー

  • Googleアナリティクス関連
  • 大阪
  • 無料
開催日:2019年12月10日(火)

Googleデータポータル(旧Googleデータスタジオ)は、Googleが提供しているBIツール(ビジネスインテリジェンスツール)です。Googleアナリティクスはもちろん、Googleサーチコンソール 、Google広告やGoogleスプレッドシートなどのデータソースと接続し、表やグラフにデータを可視化、関係者に共有することができます。また、ストレージやコネクタを組み合わせることで、マーケティングオートメーションやCRMのデータを取り込むことも可能になり、大幅な省力化や作業の自動化につなげることができます。


Googleデータポータルを利用するメリットは、なんといっても無料で利用できることです。BIツールは一般的に有償で提供されるため導入コストがかかりますが、Googleデータポータルであれば、Googleアカウントがあれば今すぐに始められます。もちろん無料ツールですので、何でもできるわけではありません。一度使ってみて、その後、必要な機能を整理したうえで、有償のBIツールの導入を検討することも可能です。


今回のセミナーは、Googleアナリティクス以外のデータを対象に、データの取り込みからダッシュボード作成までを一貫してわかりやすく解説します。また、パワー・インタラクティブが提供している「マーケティング・ダッシュボードテンプレート」をご覧いただき、貴社のダッシュボード作成のヒントにしていただければと思います。

お申し込みは締め切らせていただきました。
たくさんのお申し込み、誠にありがとうございました。

→ 次回東京セミナーはこちら
→ 次回大阪セミナーはこちら

こんな方におすすめ
  • Googleアナリティクス以外のGoogle系のデータソースを取り込んで、レポート作成業務の省力化を行いたい方
  • Googleデータポータルに、マーケティングオートメーションやCRMのデータを取り込み、表示させたい方
  • Googleデータポータルを使って、現場で使えるダッシュボードを作りたい方
  • 有償のBIツールの導入を検討中で、必要要件を把握したい方

※当セミナーはGoogleデータポータル初心者向けのハンズオンではありませんので、ご注意ください。

セミナー内容

【第1部】Googleデータポータルで出来ること・出来ないこと
  1. ダッシュボードを作成するビジネスメリット
  2. Googleデータポータルと有料BIツールの比較
  3. 次のアクションを生み出すためのダッシュボード設計
    ・全体報告のためのレポート
    ・施策の評価のためのレポート
    ・モニタリングのためのレポート
    ・オフラインデータとデータポータルの接続方法
  4. GoogleデータポータルのTips
【第2部】MAやCRMなどGoogle系以外のデータとの自動連携の取り組み
  1. 社内プロジェクト発足の経緯
  2. コネクタとストレージを組み合わせる
  3. マーケティング・ダッシュボードテンプレートの紹介と実践事例

セミナー要項

大阪会場

日時2019年12月10日(火) 15:00〜17:00
受付開始時間 14:30~
会場株式会社パワー・インタラクティブ セミナールーム (VORT御堂筋本町 5F)
※地下鉄御堂筋線「本町」 2番出口から 徒歩3分
※旧 OSJ御堂筋瓦町ビル (1階には「銀座山形屋 大阪本町店」というテーラーが入っています。)
受講料無料
定員15名
※同業者様、フリーアドレスでのお申込みはお断り致します。

セミナー講師紹介

第1部講師

p_takatsuki_seminar_400-300.jpg

マーケティングデータアナリスト高月 大輔
マルケト認定エキスパート(MCE)保有
Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)保有

第2部講師

p_yagi_seminar_400-300.jpg

マーケティングデータアナリスト八木 耕祐
Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)保有 マルケト認定エキスパート(MCE)保有

お申し込みは締め切らせていただきました。
たくさんのお申し込み、誠にありがとうございました。

セミナー情報


デジタルマーケティングの成功体験をサポート