電話がつながらない時代のインサイドセールスはデータ活用が決め手

このセミナーに参加する

このセミナーは申し込みを終了しました

テレワーク時代の営業スタイルとしてインサイドセールスへの注目が高まっていますが、インサイドセールス自体も従来の活動スタイルの見直しが迫られています。オフィスへの電話がつながりにくくなり、有望リードにコールするだけでは立ち行かなくなっているのです。電話以外のコミュニケーションの取り方や電話に至るまでのステップづくり等、検討する必要があります。

こうした環境下で重要性を増しているのがデータ活用です。いかに有望リードのニーズや行動を把握し、適切なタイミングで適切なメッセージを発信できるか、それを支えるのがデータであり、速やかに必要なデータを確認し、アプローチへつなげるしくみが求められます。

パワー・インタラクティブでは、3月よりウェビナーを開始し、インサイドセールス活動の軸として進めています。MarketoとZoomを連携することで新たなデータも見えてきました。今回は、弊社のウェビナー活用事例を交えながら、テレワーク時代におけるインサイドセールスのデータ活用についてお話します。

こんな方におすすめ

  • デジタルマーケティング(データマネジメント)にインサイドセールスを組み入れた取組みを始めている
  • データを使って、マーケティング、インサイドセールス組織の連携をはかりたい

セミナー内容

【第1部】テレワーク時代のインサイドセールス活動のポイント

  1. ターゲットの絞込み
  2. タッチポイントの設定
  3. データの見える化

【第2部】パワー・インタラクティブでのウェビナー活用事例

  1. 自粛期のインサイドセールスの課題
  2. 数値改善のための具体的取組み
    • ウェビナーへの参加率
    • ウェビナー後の着電率
    • ウェビナー経由のSAL・商談創出

セミナー要項

日時:
2020年9月16日(水) 10:30~11:30
会場:
Zoomを使ったオンラインセミナー
受講料:
無料
定員:
100名

※同業者様、フリーアドレスでのお申込みはお断り致します。

セミナー講師紹介

第1部講師

p_hirotomi.jpg

取締役/インサイドセールスチームリーダー広富 克子

第2部講師

p_sugitani.jpg

インサイドセールスチーム杉谷 直紀
マルケト認定エキスパート(MCE)保有
  • 弊社Webサイトの『個人情報の取り扱いについて』をご確認いただき、ご同意いただいた上で、お申し込みください。
  • * の項目は必須入力となります。
  • うまく送信できない場合は、お手数ですが、メール (webmaster@powerweb.co.jp) にてご連絡ください。 
  • 下記フォームに必要項目を入力して「上記の内容で送信」 ボタンを押してください。

このセミナーは申し込みを終了しました