DX

脳波は本音を語る 「ニューロテクノロジー」が社員やマーケティングをサポートする時代に

「疲労」がもたらしてきた大きな代償 ニューロテクノロジーの事例 脳波や血流情報の利用はマーケティングでも 企業ロゴの印象評価 POP表示と売上の関係 「脳内」という個人情報には留意が必要 疲れを感じていても、なんとなく「気持ち」で疲れを抑えて無理を…

「AI医師」も登場? DXが加速する医療現場の最先端技術・機器とは

デジタルヘルスケアの市場動向 デジタルヘルスケアの潮流 予防・検査・診断分野の最前線 AIによる画像診断・発症予防 「リキッドバイオプシー」による予防・診断 治療分野のデジタル化 手術支援ロボット 放射線治療計画を短時間で作成 日本企業の強みはどこ…

リスキリングとは何か?知っておきたい重要ポイントと事例

DX

リスキリングとは何か?基本の知識 リスキリング(Reskilling)=新しいスキルの再教育 リスキリングに注目が集まっている理由 岸田首相が「5年で1兆円」のリスキリング支援を所信表明 リスキリングを理解する2つの重要ポイント (1)アップスキリングではな…

注意散漫な時代に知っておきたい「カーム・テクノロジー」入門

DX

「カーム・テクノロジー」8つの基本原則 1.テクノロジーが人間の注意を引く度合いは最小限でなくてはならない 2.テクノロジーは情報を伝達することで、安心感、安堵感、落ち着きを生まなくてはならない 3.テクノロジーは周辺部を活用するものでなければなら…

女性活躍を追求する「えるぼし」認定企業 何がすごい?認められる要件は?

DX

男女間の賃金格差には未だ課題アリ 女性活躍推進法改正で「働きやすさ見える化」へ 女性活躍のシンボル「えるぼし」 リーディングカンパニーに学ぶ「選ばれるための創意工夫」 まとめ 女性の個性と能力が十分に発揮できる社会を実現するため、「女性活躍推進…

ビジネス応用だけではない メタバースが切り拓くダイバーシティの可能性

出所:メタバース上で開催される世界最大のVRイベント『バーチャルマーケット2021』会場&出展企業第1弾を発表!! メタバースが生活にもたらすもの 市場は1兆ドル規模へ 「アバター」は「本音」を出しやすい? 元ソニー技術者が考えるメタバースの可能性 新し…

「データ」こそがクセモノだった! ダイエット法のカオスはこうして生まれる

ダイエットをした人の方が太っている? 「ダイエットの落とし穴」 栄養士の作った料理を食べても体重が減らない 「GI値」のカラクリ データこそがワナだった 目指すべきは多様性にもとづいたカスタマイズ ダイエット法はどうしてこれほど乱立しているのでし…

競争に勝つためのカギは新たなCX 人間とマシンの「協働」がその価値を高める

CXの重要性 DX時代のカスタマー・ジャーニーとタッチポイント 5Aからなる新たなカスタマー・ジャーニー ハイブリッドのカスタマー・ジャーニー 新たなCXの価値を高める人間とマシンの協働 人間とマシンの補完関係と協働 ネクスト・テクノロジーの活用 次世…

DX時代の企業ブランド向上へ 「プライバシーガバナンス」に取り組んでいますか?

プライバシー保護に対する消費者の高い関心 プライバシーガバナンスとは プライバシーリスクの評価 消費行動への影響はあるか 早期の組織変革に着手を 社会全体のDXが進む中で、企業活動の中でさまざまな個人データを扱う時代になりました。 一方で個人情報…

ポストZ世代・α世代への備えは大丈夫? 未来構想に役立てる世代間ギャップとは

世代区分と世代間ギャップ 世代区分 年代別人口構成 各世代の特徴と消費行動 デジタルネイティブの影響力 Y世代の特徴 Z世代の特徴 ポストZ世代・α世代への備え 5つの世代とマーケティングの進化 「今年の新人はなにか違う」 二十歳(はたち)をちょっとす…

日本人気質には特に重要 グーグルの考える「心理的安全性」とは?

グーグルの提唱する「心理的安全性」とは 「人間関係の難しさ」相手は「先輩」が最多 日本人独特の「場の倫理」 心理的安全性を高める方法 グーグルが提唱した「心理的安全性」という言葉は、以前からビジネスシーンで徐々に浸透しています。 グーグルが「効…

世界が注目する「電子国家」エストニア 国家規模のDXがもたらすものとは

DX

エストニアはSkype発祥の国 「デジタルでできないことは2つだけ」 国家レベルのDXを実施する狙い エストニアが電子国家になった理由 電子住民「e-Residency」の効能 国家のレジリエンス強化に挑戦 北ヨーロッパのバルト海に面する小国、エストニアが世界中か…

AIは人の仕事を奪う敵?簡単な作業を大失敗した”欠陥”の話

日本人の半分がAIやロボットに仕事を奪われる? AI搭載ロボットにバッテリーを取りに行かせてみたら 「AIで地動説は生まれない」 AIと共存するスキルを 「人間の仕事の多くが、いずれAIに奪われてしまう」という話。 皆さんはどう感じているでしょうか。 筆…

日米の差が一目瞭然 DX白書にみる、日本企業の「言い訳」体質

DX

DX推進状況の日米差 日本のDXはなぜ遅れているのか 組織間の協調 人材確保の方法 DX推進の最大のカギ〜経営層の関心・関与 経営者も含めた全社のリテラシー向上を 2021年12月に公表された「DX白書」が注目されています。 白書はDXについて日米間にどれくらい…